More from: 熊本歯科

審美歯科とは歯の美しさに焦点をおいた歯科医療です

日々食事をする上で、米や肉、野菜を初めとした食べ物を噛み砕く歯の存在は必要不可欠です。
咀嚼をすると食べ物を体内に効率よく吸収できる他に、顎の力を強くしたり、脳を刺激、活性化する働きを持ってます。
また最近では太りにくい体つくりをサポートしてくれたり、顔のシワやたるみを予防するなど美容にも強い影響を持つことが分かってきました。

こうした恩恵を受けるためによく噛んで食事することは大切であり、同時に毎日のオーラルケアは怠らないようにするべきでしょう。
口腔内のケアを怠ると、虫歯や歯周病といった病気を発症する恐れがあり、これらは放置しておくと歯を失うかもしれません。
人間の永久歯は基本一度抜け落ちると再び生えてくることがないので、何かしら異常を感じたら早急に歯医者に向かうことをおすすめします。
虫歯や歯周病を軽視することは危険な行為であり、実はこれらの病は細菌が神経内や血中に侵入すると様々な合併症を引き起こします。

例として顔面神経麻痺や脳腫瘍、心筋梗塞などが挙げられ口腔内の治療を放置すると最悪死に関わるので注意しましょう。
医療技術や機器の発達により、現在では歯科医院といっても様々な専門分野に分かれ全国各地に多くの医療店舗が存在するようになりました。
そんな中で最近よく耳にする審美歯科という診療内容がありますが、実際どんなものなのか詳しく知ってる人は少ないでしょう。審美歯科とは歯の美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療のことであり、ホワイトニングや矯正歯列が代表的なものとして挙げられます。
通常の虫歯治療も行いますが、審美歯科の場合保険適用の素材以外の自費治療を行うことが可能なのが特徴です。

一般歯科では虫歯の治療時は保険適応内の金属を初めとした材料を使い、機能的な回復を目指します。
しかしこれらは長期間の経過に伴い見た目が変色して、審美に影響を伴うデメリットが存在します。

そんな中で生まれたのが審美歯科の存在であり、時代は口元の美しさを求めるようにもなったと言えます。
虫歯でなくとも歯が黄ばんだり見栄えが悪い時は、専用のジェルを使い歯の漂白を行うホワイトニング治療が行われ、痛みや歯を削らずに歯を白く見せられます。
この他には歯の周辺をクラウンという被せ物をして口元を綺麗に見せるオーラルセラミッククラウンという治療法が挙げられ、こちらも多くの審美歯科で行われます。
根元から歯を失ってしまった時に人工歯根を埋め込むインプラント治療もこの分野に入っており、美しさを求める以外では歯科治療という点は基本的には同じです。

現在では口腔内を診る医療機関は多々ありクリニックから医院、総合病院など様々でありどこが良いか分からない人もいるでしょう。
審美歯科を含め失敗しない病院選びとは、まずはカウンセリングがしっかりしてるか確認することです。
自分の口腔内の不安や症状に対して医師が納得いく回答をしてくれるかで治療後の状態が左右され、細かな説明をしない医師や強引な治療を勧めるところは要注意です。
この他には治療設備が整ってるのか、総合的な歯科も行ってるかの確認は必須です。

最近では歯科医院によって、病院情報をインターネットに記載してるところもあるのでこれらを参考にしても良いでしょう。
そして審美歯科は一般的に保険適応外の自由メニューが多いので、治療にかかる料金の確認は忘れないようにしましょう。
治療中に追加料金が発生して予算オーバーにならないためにも診療内容も含め、事前に説明してくれる医療機関を選ぶことが大切です。

こうして見ると注意すべき点は多々ありますが、日常的に使用する口腔内の存在は必要不可欠であるのが現状です。その為口元を長く健康に保つならそれ相応の時間とケアが必須なのは仕方ないでしょう。


インプラント治療はなんで高額なのか知りたい

インプラント治療がなんで高額なのか知りたいと多くの方が思っている疑問でしょう。
大きな理由としては、インプラント治療は歯の健康を良くするための治療ではなく、美観を良くするための治療とされており、「自由診療」の枠に入ってしまいます。
それゆえに健康保険が効かずに患者が全額負担するために高額治療になってしまうことになるのです。
治療にあたっての金額は歯科医の一律で定まっておらず、各歯科医によって金額は大きく違ってきますので、差額が大きいからといって治療に対しての判断基準にはなりかねます。

しかしあまりに安い治療を施している歯科医の場合、どこかでそれなりにかかってくる費用が削られていることは考えられます。
すべてがすべて粗悪品を使っているというわけではありませんが、義歯の質や治療法などのクオリティは低くなることは考えられますので、その点を十分理解した上で治療を始めるかどうかを判断するようにします。
インプラント治療が高額になる理由の一つに義歯の制作にかかる技師や労力といった人件費なども含まれてきます。
義歯はすべて個人の歯に合わせて複数の歯科技師たちによってオーダーメイドで制作されるため、既製品で間に合わせるといったようなことは出来ない精密なものです。

またインプラントは入れ歯や差し歯と違い、歯茎の切開手術をするため、手術にかかる費用なども発生してきます。
治療前にはレントゲンなども行いますし、術後はメンテナンスもしなければなりませんので、それなりに費用がかさんでくるのは致し方のないことです。

これらの件によりインプラント治療は高額になってしまうのです。
しかし二度と生えてはこない永久歯を元の歯のような状態に戻すにはインプラントはとても有効な手段であり、一生使える素晴らしい技術の大集結と言えるもの。
オリジナルの歯に近い色合いで作られる義歯は見た目では本物か偽物か分からないほど精巧に作られますから、他人が見ても気が付かないどころか、患者本人でさえもインプラントであることを忘れてしまうくらいに馴染んだ義歯が出来上がります。
入れ歯や差し歯では噛む力が弱まりますが、インプラントは元々の歯と同様の力を加えることも出来、耐久性にも優れています。
また両脇の歯にも影響を与えることがほぼ無い治療法なので、現存しているオリジナルの歯を損ねることなく使用し続けられる利点があります。
高額治療のインプラントではありますが、その価格以上の価値がある治療法だと言えます。


奥歯のインプラントについてのメリット・デメリット

奥歯を喪失しても人目にはつきにくいから、高額なインプラント治療をしなくてもいいのでは?と考える方もいらっしゃいます。

インプラントの他にもブリッジや入れ歯を入れる方法もありますが、どちらも周囲の歯への負担が大きい為将来的にその歯も失う恐れさえあります。

他の歯が失われる前にインプラントで残っている自分の歯を守ってあげて下さい。

実は奥歯は全身に大きな影響がある部位です。インプラントで治療をすれば隣の歯を削る必要もない為、
周りの歯に悪影響を及ぼすこともなく奥歯を使って硬い物でもしっかりと噛むことができます。

奥歯の入れ歯の場合、筋肉が使われないため頬がたるみ頬の内側を噛みやすくなりますが、
インプラントによって筋肉が張り、頬のたるみがなくなる為、頬を噛まなくなってきます。

デメリットとしては、インプラントを顎の骨に埋め入れる手術が必要となり、全身の疾患がある場合には治療ができないこともあります。

インプラントを維持する為には十分な口腔衛生の管理と定期的なメンテナンスが必要です。

そして一般的には保険外診療となります。

インプラント治療の流れ

アクアデンタル並木坂クリニックのインプラント治療の流れをご紹介いたします。

image1

1.まずはお問い合わせ下さい

インプラントの治療でお悩みではありませんか。

  • 費用はどれぐらい?
  • 治療期間はどれぐらい?
  • 入院は必要になるのか?

お悩み、不安などをまずはお聞かせ下さい。ご相談に来院されたからとインプラント治療をお勧めすることはございません。

アクアデンタル並木坂クリニックは、患者様の口腔に一番最適な治療を常におすすめいたしております。

image2

2.患者様の状況をお聞かせ下さい

お問い合わせいただきましたら、来院日を確定しご来院いただきます。その際、受付にて簡単なシートに現在の患者様の状況をご記入いただきます。


image3

3.カウンセリング・精密検査

当院は、口腔内の状態を立体的に映し出す最新の3Dレントゲンでの検査はもちろんのこと、歯科技工士として技術を習得した後、歯科医師へと転身した院長自ら、患者様の口腔内をお調べいたします。


image4

4.診察結果より再カウンセリング

3Dレントゲンの結果や、口内の型取りより患者様にとって最適な治療方法や治療内容、また期間や費用などもご説明させていただきます。
その際に、患者様の不安や悩みを安心してお打ち明け下さい。

私たちは、常に患者様のご意思を尊重した上での最前な治療を考えております。患者様が不安を抱えたままでの治療は行いません。


image5

5.治療のご予約と治療開始

患者様のスケジュールに合わせ、治療プランをご提案いたしております。スケジュールが決定しましたら治療開始になります。治療開始には楽な服装でご来院下さい。

※治療期間や治療内容は患者様の口腔状況により異なります。

お問い合わせ先

アクアデンタル並木坂クリニックでインプラント治療をお考えの際には、下記のページよりご連絡下さいませ。

真剣にお悩みの患者様(お問い合わせ)