More from: 熊本歯の矯正

審美歯科とは歯の美しさに焦点をおいた歯科医療です

日々食事をする上で、米や肉、野菜を初めとした食べ物を噛み砕く歯の存在は必要不可欠です。
咀嚼をすると食べ物を体内に効率よく吸収できる他に、顎の力を強くしたり、脳を刺激、活性化する働きを持ってます。
また最近では太りにくい体つくりをサポートしてくれたり、顔のシワやたるみを予防するなど美容にも強い影響を持つことが分かってきました。

こうした恩恵を受けるためによく噛んで食事することは大切であり、同時に毎日のオーラルケアは怠らないようにするべきでしょう。
口腔内のケアを怠ると、虫歯や歯周病といった病気を発症する恐れがあり、これらは放置しておくと歯を失うかもしれません。
人間の永久歯は基本一度抜け落ちると再び生えてくることがないので、何かしら異常を感じたら早急に歯医者に向かうことをおすすめします。
虫歯や歯周病を軽視することは危険な行為であり、実はこれらの病は細菌が神経内や血中に侵入すると様々な合併症を引き起こします。

例として顔面神経麻痺や脳腫瘍、心筋梗塞などが挙げられ口腔内の治療を放置すると最悪死に関わるので注意しましょう。
医療技術や機器の発達により、現在では歯科医院といっても様々な専門分野に分かれ全国各地に多くの医療店舗が存在するようになりました。
そんな中で最近よく耳にする審美歯科という診療内容がありますが、実際どんなものなのか詳しく知ってる人は少ないでしょう。審美歯科とは歯の美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療のことであり、ホワイトニングや矯正歯列が代表的なものとして挙げられます。
通常の虫歯治療も行いますが、審美歯科の場合保険適用の素材以外の自費治療を行うことが可能なのが特徴です。

一般歯科では虫歯の治療時は保険適応内の金属を初めとした材料を使い、機能的な回復を目指します。
しかしこれらは長期間の経過に伴い見た目が変色して、審美に影響を伴うデメリットが存在します。

そんな中で生まれたのが審美歯科の存在であり、時代は口元の美しさを求めるようにもなったと言えます。
虫歯でなくとも歯が黄ばんだり見栄えが悪い時は、専用のジェルを使い歯の漂白を行うホワイトニング治療が行われ、痛みや歯を削らずに歯を白く見せられます。
この他には歯の周辺をクラウンという被せ物をして口元を綺麗に見せるオーラルセラミッククラウンという治療法が挙げられ、こちらも多くの審美歯科で行われます。
根元から歯を失ってしまった時に人工歯根を埋め込むインプラント治療もこの分野に入っており、美しさを求める以外では歯科治療という点は基本的には同じです。

現在では口腔内を診る医療機関は多々ありクリニックから医院、総合病院など様々でありどこが良いか分からない人もいるでしょう。
審美歯科を含め失敗しない病院選びとは、まずはカウンセリングがしっかりしてるか確認することです。
自分の口腔内の不安や症状に対して医師が納得いく回答をしてくれるかで治療後の状態が左右され、細かな説明をしない医師や強引な治療を勧めるところは要注意です。
この他には治療設備が整ってるのか、総合的な歯科も行ってるかの確認は必須です。

最近では歯科医院によって、病院情報をインターネットに記載してるところもあるのでこれらを参考にしても良いでしょう。
そして審美歯科は一般的に保険適応外の自由メニューが多いので、治療にかかる料金の確認は忘れないようにしましょう。
治療中に追加料金が発生して予算オーバーにならないためにも診療内容も含め、事前に説明してくれる医療機関を選ぶことが大切です。

こうして見ると注意すべき点は多々ありますが、日常的に使用する口腔内の存在は必要不可欠であるのが現状です。その為口元を長く健康に保つならそれ相応の時間とケアが必須なのは仕方ないでしょう。


ホワイトニングとセラミックス

ホワイトニング

審美治療の患者さん。前歯2本をオールセラミックスで修復予定。
仮歯で形を決定し、最終的な歯を作るため、型を採り、今日が試適(仮あわせ)。

 

真ん中2本、色が合っていない。途中、ホワイトニングをして色調を白くして少しの後戻りを計算して作ったが、どうも合っていない。予想以上に後戻りが見られた。

 

自然の歯特有の生命感のある白さが足りない。透明感と白さ、この相反するものを1.5ミリのスペースで如何にコントロールするのか。審美補綴は、光との戦いだ。

 

患者さんはそれなりに気に入ってくれたが、私が気に入らなかった。急がなければ作り直させてもらえないかと患者さんに頼んだ。患者さんは承諾してくれた。

 

あとになって、技工士Yさんと担当衛生士と私とでこのことについて話し合った。もしかしたら、私が色調の違いを指摘をしたことが、かえって患者さんを不安にさせたかもしれない。黙っていたら、それで患者さんは納得したかもしれないのだ。術者側のわがままといえるかもしれない。

 

それでも、できれば高いレベルでお互い納得したい。


前歯を綺麗に!

前歯 前歯2

始めはラミネートベニア希望でご来院。
審査をすると、抜髄(神経をとる処置)がしてあり、人工物の充填体積も大きかったため、360度形成のオールセラミックスクラウンの計画になった。

 

患者さんのご希望で、まずは全体のホームホワイトニングと失活歯を中から白くするウォーキングブリーチをした。

 

今日は、歯に優しく見た目にも好影響なグラスファイバーポスト(写真右はメタルとファイバーコアの光学的性質を現す)を立てた。そして一回目の形成。審美的な難易度の高い症例なので、一応、スナップ印象して、スタディーモデルを作った。

 

形成の足りないところや修正箇所を事前にしっかりと把握し、本形成に役立てるためだ。

 

最近、「オールセラミックスはいくらですか」などの問い合わせが多い。手間隙かけた自信作を値段で判断してもらうのは・・・

 

こだわりを評価してもらいたいというのが本音だ。歯科医療に限っては手仕事なので、安くていいものは多分無いと思う。高くて悪いものはあるかもしれないが。


抜歯即時同時埋入

抜歯
抜歯してすぐにインプラントを埋入する計画を立てた。

 

左上2の唇側の骨がとても薄い。

 

ほとんど無いかもしれないし、抜歯の衝撃で骨がなくなるかもしれない。

 

 

抜歯2
骨を壊さないように慎重に抜いた。

 

 

抜歯3
特殊な器具を用いてほとんど骨を削ることなく穴を形成する。押し広げるイメージだ。

 

 

抜歯4
先端の2ミリで固定して隙間に増骨剤を詰め込む。
とても短時間で終了した。腫れも痛みもなさそうだ。


骨が薄い部分にインプラントを埋めるテクニック、ソケットリフト

骨が薄い

ソケットリフトというテクニックがある。上あごの臼歯部で骨が薄い場合に用いられる。

 

インプラント体を支持するのに有効なのは増骨した部分ではなく元からある既存骨だ。

 

したがってより強固な支持を得たいときは、埋入深度が重要となる。

 

インプラントメーカーによって、マシーンポリッシュのカラーの幅が異なるのでそれに応じた埋入が必要だ。


ホワイトニングとセラミックス

ホワイトニング
審美治療の患者さん。前歯2本をオールセラミックスで修復予定。
仮歯で形を決定し、最終的な歯を作るため、型を採り、今日が試適(仮あわせ)。

 

真ん中2本、色が合っていない。途中、ホワイトニングをして色調を白くして少しの後戻りを計算して作ったが、どうも合っていない。予想以上に後戻りが見られた。

 

自然の歯特有の生命感のある白さが足りない。透明感と白さ、この相反するものを1.5ミリのスペースで如何にコントロールするのか。審美補綴は、光との戦いだ。

 

患者さんはそれなりに気に入ってくれたが、私が気に入らなかった。急がなければ作り直させてもらえないかと患者さんに頼んだ。患者さんは承諾してくれた。

 

あとになって、技工士Yさんと担当衛生士と私とでこのことについて話し合った。もしかしたら、私が色調の違いを指摘をしたことが、かえって患者さんを不安にさせたかもしれない。黙っていたら、それで患者さんは納得したかもしれないのだ。術者側のわがままといえるかもしれない。

 

それでも、できれば高いレベルでお互い納得したい。


前歯が気になる

前歯 前歯2
左上1番の変色歯の修復希望だった。いろいろとウエブで調べて、ラミネートでできないかとの御相談だった。しんけいをとってしまった歯でもラミネートベニアが出来ることもあるが、精査の結果、セラミックスクラウンでの修復することにした。

 

せっかくだからとまわりの歯もホワイトニングをした。左上1番は歯の中が重度の変色のため、内部のホワイトニングもした。

 

ファイバーコアとオールセラミックスクラウンの組み合わせ。
更なるホワイトニングの余地を残し少し白めに仕上げた。心配だった歯の根元も余り気にならないレべルまでホワイトニングできた。患者さんからは納得していただいた。

 

 

前歯3
笑顔が変わった。もともと明るい笑顔の方だけに、まわりの方からの印象派ずいぶん良くなると思う。
タイムリミットのある仕事だったが計画通り終了した。

○○ちゃん(こどもさん)を抱っこさせていただいたが、かわいかったなぁ。孫がほしくなった。笑


玉名からご来院。審美治療

white
モデル並みの容姿を持つ患者さん。微笑みも素敵だ。ところが、ウィークポイントがひとつだけ。

 

 

white2
右上の乳犬歯が残っていて黄ばんでいる。隣の側切歯もフレアアウト(反っ歯)していた。
笑うと結構目立つのだった。

乳犬歯を抜いてインプラントや歯列矯正、ブリッジなど色々な治療プランを提示し、色々検討した結果、比較的歯への浸襲が少ない方法をとった。

ホワイトニング、ダイレクトボンディング、補綴矯正などをおこなった。

 

 

white3
5年経ったが歯肉の退縮も無く、思いっきり笑えるそうだ。

乳犬歯を使って補綴したのでどれだけ持つのか不安もあったが、かみ合わせのコントロールで上手くしのいでいる。


インプラントはお早めに

インプラント

4年前インプラントのご相談でお見えになった。そのときは83才とご高齢だったこともあり、インプラントしなくても治療は出来るのではとお答えした。

そのご、もともとのかかりつけにずっと通われていたらしいが、今回は医者である息子さんに「らちが明かないから君が見てくれ。」とアクアデンタルに通われることになった。

少し難しいかなぐらいの印象だった。欠損部が下は左に、上は右に偏っている上下左右のバランスが悪い、まぁ難症例になりやすいケースだ。
まず主訴をある程度解決させた。左下の入れ歯のマイナーな調整で済んだ。主訴が解決すると患者さんの訴えはたいていレベルアップする。右上が痛くて硬いものが噛めないのだそうだ。ブリッジをはずしプロビジョナル(仮歯)に置き換え、様子を見る。大丈夫なら、解決するが
そう簡単にはいかない。どうしても大臼歯が必要とのリクエストだった。

右上の臼歯は一本しかない。単純に一人(一歯)で4人分の仕事(咀嚼)をこなさなくてはならない。非常に条件が悪い。

インプラントをすれば・・・一瞬頭をよぎった。否定した。
4年前にインプラントをしておけば・・・。

87歳。かなり元気で硬いものをバリバリ食す元気なかたもいらっしゃるし、そうでないかたも。

とにかくブリッジを作り入れ歯を作ってみるつもりだ。
「先生、大好きなあわびが食べられません。」
「もうこれぐらいで勘弁してください。」
こうならなきゃいいが・・・


骨の無い抜歯直後のインプラント埋入→骨再生

骨のない1
歯根ハセツでやむなく抜歯直後。

骨のない2
インプラント穴形成

骨のない3
インプラント埋入

骨のない4
骨を増やす材料を入れる。抜歯からここまで一回で終わります。約20分。
この後はインプラントが骨と結合し、骨が盛り上がってくるのを約4ヶ月待ちます。

骨のない5
4ヵ月後。すっかり骨が出来上がってきています。
あとは上に歯を作って終了。

 

以前は抜歯の後数ヶ月待ってから、インプラントを埋めてさらに数ヶ月待って歯を入れていたので1年近くかかることもありましたが、
最近は期間が短縮されました。