More from: 歯並びを改善する

前歯の虫歯やすきっ歯や歯並びを改善するラミネートベニア法のメリット

前歯の虫歯やすきっ歯で変色してしまったり、隙間が大きくなった歯の状態を治すことができるラミネートベニア法は、歯並びを改善するだけでなく、ホワイトニング治療としても行われています。

前歯は、人と会話をするときに一番見られる部分なので、すきっ歯になっていたり、虫歯で変色していると、第一印象がどうしても悪くなってしまいます。
歯列矯正をすることもできますが、成人してからの歯列矯正はお金がかかるので、簡単にはできません。
この場合に選択されるのがラミネートベニア法で、この方法は歯の表面にセラミックなどでできた爪のようなものを貼り付けるだけなので、簡単にできて、理想的な前歯にすることができます。
またカラーバリエーションも多いので、自然な仕上がりにすることができて、治療を受けたことを周囲の人に知られることもありません。

日本では昔から歯並びをあまり重視していないので、前歯と前歯の隙間が広くてもあまり気にしていませんでしたが、欧米などでは歯並びを重要視しているので、グローバル化が進む現在の日本でも歯並びの重要性は増しています。
歯の形と色を改善することができますが、2回くらいの通院で治療が終わるので、手軽にできて低料金であることがメリットとなっています。
メリットとしては、ホワイトニングができないような歯の状態でも白くできるということや、丈夫で汚れがつきにくいというものがありますが、歯を削る量が少なくて済むので、精神的な負担も少ないので、歯医者が苦手な人でもリラックスして治療を受けられます。
またセラミックという素材はアレルギーなどを起こしにくい素材なので、金属アレルギーで悩んでいる人でも使用することができるのが最大の特徴です。

デメリットは歯の表面を削ることで、虫歯に比べると削る量が少ないのですが、歯医者が苦手な人にとっては精神的に負担になる可能性もあります。

手軽に美しい歯並びを手に入れられるラミネートベニア法は、世界的にもかなり認知度が高くなっていますが、日本では保険適用されている治療がメインになるので、ホワイトニングなどに関してはあまり認知度が高くありません。
しかしコンプレックスを抱いている人にとっては、歯並びや歯の色は大きな問題なので、早めに治療をして、自信を持って外出できるようにすると、活動的な毎日を送ることができるので、肉体的にも精神的にも健康になることができます。
また薬剤を用いないので、副作用の心配もありません。