28歳(女性)医師 治療内容:審美歯科

『もっとニッコリ笑って』写真を写すときに言われるこの言葉、AQUAデンタルに出会う前の私にとっては最もイヤな言葉でした。なぜなら、高校生の時に治療した前歯が変色し、ニッコリ笑うとその変色した色の違いが目立っていたからです。

歯の変色が気になり出した頃から、再度治療に行くことを考えてはいたものの、幼い頃の歯科治療の体験から”歯医者は怖い、痛い、イヤだ”という気持ちの方が勝ってしまいなかなか踏み出せないでいました。

また、前歯という場所が場所なだけに『もしうまくいかなかったら?』という不安が躊躇させていたことも確かです。しかし、鏡で変色した歯をみる度にため息をつくことに嫌気がさし、悩んだ末、東京の知り合いの歯科医の先生にご紹介頂いたのが、AQUAデンタルとの出会いでした。

キュイーンという歯を削る音、台の上にのっているたくさんの金属の道具、痛い治療…歯科治療に対するイメージがかなり悪い私にとって、初日は泣きたくなるほど緊張していました。

思い切ってドアをあけると、ここは歯科?と思うようなおしゃれな待合い室があり、通された診察室も白を基調とした清潔感あふれる診察室で、治療に来たことをつい忘れてしまうような空間でした。

院長の松村先生もとてもきさくな先生で、現在の歯の状態、治療方針などパソコン画面を使って写真をみせながら、丁寧に説明してくださり、納得して治療を開始することとなりました。

いざ、治療が始まって…。確かに痛みを感じることもありますし、あのキュイーンという歯を削る音はどうしても苦手ですが、リラックスできるような空間が診察室にはあるように思います。

そして、先生がよく、おもしろいことをおっしゃるのですが、そのことも緊張をほぐしてくれる効果の一つだと思います。残念ながら、口を開けているときなので笑うことはできませんが…。担当衛生士の福本さんと治療の合間に話す会話も私にとっては癒し効果抜群です。

ストレスなく歯科治療に通っている自分に本当に驚きましたが、それだけAQUAデンタルには患者さんをリラックスさせる雰囲気、居心地の良い雰囲気があるのだと思います。

私の前歯はといいますと…見事!数回の治療できれいな歯に生まれ変わりました。今はもうカメラを向けられてもニッコリ歯をみせて笑うことができます。鏡の前でため息をつくこともなくなりました。数回の治療でこんなにきれいになるなんて!思い切って治療をうけ本当に良かったと思っています。松村先生、福本さん、本当にありがとうございました。v

関連ページ

お問い合わせはコチラ