玉名からご来院。審美治療

white
モデル並みの容姿を持つ患者さん。微笑みも素敵だ。ところが、ウィークポイントがひとつだけ。

 

 

white2
右上の乳犬歯が残っていて黄ばんでいる。隣の側切歯もフレアアウト(反っ歯)していた。
笑うと結構目立つのだった。

乳犬歯を抜いてインプラントや歯列矯正、ブリッジなど色々な治療プランを提示し、色々検討した結果、比較的歯への浸襲が少ない方法をとった。

ホワイトニング、ダイレクトボンディング、補綴矯正などをおこなった。

 

 

white3
5年経ったが歯肉の退縮も無く、思いっきり笑えるそうだ。

乳犬歯を使って補綴したのでどれだけ持つのか不安もあったが、かみ合わせのコントロールで上手くしのいでいる。

お問い合わせはコチラ